活用事例

それぞれの先生方の専門性をいかした活用事例をご紹介します。

養護教諭による活用例

「よく噛む」を生活習慣に!

大阪市立天王寺小学校

教材

長期休暇を利用し、保護者と一緒に“噛むこと”を含めた生活習慣の見直しを実施。

栄養教諭による活用例

給食の工夫と組み合わせて実感!

京都市立向島秀蓮小中学校

教材

「音」 や「食感」に注目する授業と、給食でのメニュー紹介の工夫を組み合わせ、「よく噛むと、おいしい」を実感できるよう工夫。

多様な先生方が活用、TT(チームティーチング)や、学校校医・歯科医と連携した実施も!

担任

教材が充実していて、専門的知識が無くても授業ができました。子どもたちも、とても楽しく一週間のチャレンジができました。

  • 栄養士
  • 栄養教諭・養護教諭
  • その他

授業をした先生の割合

グラフ

養護教諭

うちの学校では、定期健診の結果から、むし歯や肥満が課題でした。その手立てとして実施しました。

栄養教諭

「歯と口の健康習慣(6月4日~10日)」「いい歯の日(11月8日)」と合わせて、毎年献立を考えていましたが、この授業も同時に実施させてもらい、とても効果的でした。

アレンジ紹介

児童の実態や学校の計画に合わせ、さまざまな工夫をして取り組んでいただいています!

授業アレンジ

オリジナルワークシートで
「自分の目標」を設定

児童が「一番がんばりたいこと」を決め自分の目標を設定できるよう、オリジナルのワークシートを準備。授業後だけでなく、1週間のチャレンジ後・3か月後にもワークシートを使って、ふりかえることで、今、自分がよく噛めているか、意識するきっかけになりました。

教材画像
先生の感想

“噛むこと”を意識し、集中して食べるようになったので残食が減り、結果的に給食を食べ終わるのも早くなりました。

教員が課題と感じている児童の
食事の仕方を「クイズ」で確認

教材の内容に加えて、児童の食事の仕方について、教員が課題と感じていることをクイズにして出題。 よく噛むためには、食事の環境や、食べる速さなど噛み方以外にも食育として欠かせない「食事の仕方」についても指導することができました。

教材画像

教員作成のオリジナルスライド

事後活動アレンジ

オリジナルゲーム
「かむかむの森」

かむときの①②③ができたら、キャラクターがもらえる、というオリジナルゲームを開発して児童のモチベーションを向上。

教材画像

一人一台端末を活用し「森の背景」と教材の動物の他に、児童の考えた「キャラクター画像」を配信する仕組みを準備。ゲームの要素を取り入れることで、教員が指導しなくても、児童同士で声をかけ合って、楽しみながら取り組むことができました。

保健委員会の児童のアイデア
「姿勢ペンダント」

「委員会として低学年の健康をサポートしたい!」と保健委員会がつくった姿勢を意識するペンダントを首にかけ、かむときの①②③を継続。

教材画像

授業中に首から掛けておくことで、姿勢だけでなく、よく噛むことも忘れず意識することにつながりました。

先生の感想

活動を楽しむ工夫を取り入れたことで、児童の主体性が高まり、“噛むこと”の継続につながっています。

家庭との連携

食べ方(噛み方)への注目を
「おたより」で呼びかけ

噛むことをテーマにした給食だよりで、「噛めていない食べ方」を具体的に紹介。おうちの人に子どもたちの「食べ方(噛み方)」に注目するよう呼びかけることで、家庭でのサポートにつなげました。

教材画像

参観日に活用、おうちの人にも
「見て」「聞いて」もらう!

子どもたちが咀嚼チェックガムを使う様子を見てもらったり、「給食とおうちでチャレンジしよう!」という投げかけを聞いてもらったりすることで、おうちの人が子どもたちの今の噛む力を知ることや、おうちでのチャレンジを意識するきっかけをつくり、学校とおうちの両方での継続につなげました。

先生の感想

咀嚼チェックガムの体験により、噛むことが苦手な児童を把握することができ、家庭と連携した個別の指導にもつながっています。

人物イラスト
「めざせ!かむことマスター」は、
授業の実施や習慣化に向けて取り組む先生方を応援しています。

オンラインミーティング

お申し込みいただいた先生を対象に、授業実施前には教材を活用した計画やアレンジアイデアの情報交換を、授業実施後には、取組の成果を共有するオンラインミーティングを開催しました!

のべ1011名の先生に
ご参加いただきました! ※2022年度 3回開催

教材画像

アイデア交換会

これから実施予定の先生が、実施を終えた先生に質問したり、実施を終えた先生が授業報告やオリジナルスライドの紹介をしたりしました。

教材画像

教員作成のオリジナルスライド

取組共有会

習慣化に向けた事後活動アイデアの発表や、児童の変化など、さまざまな取組をお聞きすることができました。

教材画像

教員研修

先生方を対象に、プログラムや、“噛むこと”についての情報をお伝えする研修を実施しました。

研修内容(例)

  • ロッテが取り組む食育活動
  • 「めざせ!かむことマスター」プログラムがめざすもの
  • 「めざせ!かむことマスター」プログラム紹介
  • 研究員による“噛むこと”に関するミニ講座
先生の感想

授業や教材だけでなく、知らなかった噛むことの効果について、科学的なデータから情報を得ることができ、“噛むこと”の大切さを改めて考える機会となりました!

ミーティング風景