公益社団法人 2025年日本国際博覧会協会

教育プログラム【中学校版】

  • 全国対応
  • 映像教材
  • グループワーク

本プログラムは、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)を題材にした、SDGsの理解と、その達成に向けて、仲間とさまざまなアイデアを「共創」し、自分たちの「ジュニアEXPO」を開いて発信するプログラムです。

対象

  • 中学校全学年

テーマ

  • ESD
  • キャリア教育
  • 持続可能な社会
  • SDGs

授業形式

  • 教材提供

時数

中学校 10授業(50分×10時限)
※教材を参考に学校の実情に合わせて2時限からでも実施できます。

関連教科

総合的な学習の時間

関連単元・題材

総合的な学習の時間

特長

未来社会クリエイターとして、
「“すべての”いのち輝くSDGsアイデア」を提案する

万博を題材にSDGsを学ぶ

テーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。自分たちなりに「“すべての”いのち輝くSDGsアイデアを提案する」ことを通して、SDGsの「誰一人取り残さない」ことへの理解を深めます。

ジュニアEXPOや地域の発表の場でアイデアを創造・発信

プログラムは全10時間。各中学校で「ジュニアEXPO」を開き、提案します。授業参観や学校開放に合わせて実施したり、成果物を地域にプレゼンテーションするなど、さまざまな活動と連動させて実施ください。

社会に開かれた探究的な学び

授業計画は、実社会の取組を調べたり、さまざまな人と共にアイデアを考え・発信したりするなど、社会とつながりながら、探究的に学びを深めていくよう構成されています。

ポイント

「万博だからこその考え方」を経験する

万博は、地球規模のさまざまな課題に取り組むため、世界から叡智を集める場所です。これをモチーフに、「叡智を集める」→「アイデアを生む」という学習ステップで授業計画をデザインしました。
「リサーチミーティング」「中学校ジュニアEXPO」など、自他の考えの交流をくりかえしながら、アイデアを「共創」する経験を積み、これからの未来社会を「共創」する資質・能力を育成することをねらっています。

ねらい

【知識・技能】
万博の意味と価値を理解し、さまざまな問題解決に向けた取組とそのために大切にしていることを知る。
【思考力・判断力・表現力等】
さまざまな他者(仲間)との関わりを通して自分の考えを深めていく能力(「共創」する資質・能力)を育成する。
【学びに向かう力・人間性等】
「“すべての”いのち輝く未来社会」のための「SDGsアイデアプレゼンテーション」を考えることを通して、SDGsの達成に不可欠な「誰一人取り残さない」という見方・考え方を獲得し、そのために「自分は何を大切にしていくのか」を明らかにする。

概要

授業1

2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)は、わたしたちとどのようなつながりがあるのだろう?

授業2

SDGsは、わたしたちとどのようなつながりがあるのだろう?

授業3

「“すべての”いのち輝く未来社会」のためのあなたのアイデアは?

授業4

実社会のSDGs達成に向けた取組が大切にしていることは?

授業5

自分たちなりの「“すべての”いのち輝くSDGsアイデア」は?

授業6
  • リサーチミーティング

「SDGsアイデア」を実現させるために必要なことは?

授業7

実現させるためには、誰とどのように協力すればよいのだろう?

授業8

伝える相手の心を「共創」へと動かすプレゼンテーションとは?

授業9
  • 中学校EXPO開催

未来社会クリエイターによるSDGsアイデアプレゼンテーション

授業10

「“すべての”いのち輝く未来社会」のために大切にしたいことは?


※各学校の計画に合わせ、2時限~でも実施できます。
※教材は全て学校でデータをダウンロードしてご使用ください。

教材

  • 教材の画像です。
    教員用指導書
  • 教材の画像です。
    スライド教材
  • 教材の画像です。
    万博学習読本
  • 教材の画像です。
    教材データ
  • 教材の画像です。
    2025年大阪・関西万博概要映像
  • ・スライド教材
  • ・映像教材
  • ・教員用指導書
  • ・万博学習読本
  • ・教材データ

その他

2022年度 リサーチミーティング参加校を募集します(授業6 オンライン授業)

2022年度も、SDGsに取り組んでいる企業と本プログラムを実施している他校と合同でオンライン交流する授業「リサーチミ―ティング」を希望する学校を募集します。
「リサーチミーティング」は、教材提供の中学校版プログラムをお申し込みいただいた学校が対象です。
下記「プログラムお申し込み」より教材のお申し込みをお願いします。

またオンライン授業参加には応募資格、条件、応募締め切りがございます。
申込前に確認したいことがある場合、下記「プログラムに関するご相談はこちら」より教育支援事務局までメールでお問い合わせください。

※2022年度より名称・内容を「アイデアミーティング」から、「リサーチミーティング」に変更しております。



【参考情報】2021年度実施概要(2時限連続授業)

実施時期:
10月~12月で9回

実施時間:
午前実施 10:30~12:20 (50分×2時限)
午後実施 13:30~15:20 (50分×2時限)

実施形態:
2企業と複数校をZoomにより接続して実施するオンライン授業

参加校数:
19校

協力企業:
大日本印刷株式会社、日本水産株式会社、パナソニック株式会社、積水ハウス株式会社、鹿島建設株式会社、大阪ガス株式会社、野村ホールディングス株式会社、株式会社LIXIL、阪急阪神ホールディングス株式会社

授業概要:
SDGsの達成に向けて取り組む企業・団体と共に、未来社会について考える場。自分たちが考えるアイデアの参考にするために、企業・団体の行う取組の具体的な方法や、大切にしていることを、直接聞く。

授業内容:
①参加校代表による学校紹介
②SDGsに取り組む企業・団体による事例紹介
③インタビュー作戦タイム
④休憩
⑤インタビュータイム
⑥講師メッセージ+各校代表挨拶

※リサーチミーティングで使用する教材も他の授業教材同様、学校側でデータをダウンロードして準備いただきます。



2025年日本国際博覧会協会
教育プログラムサイト

2025年日本国際博覧会協会の教育プログラムサイトには、生徒用読本のPDFを掲載していますのでご確認ください。

2025年日本国際博覧会協会
 教育プログラムサイト



ジュニアEXPO 2025 教育支援事務局
(株式会社キャリアリンク内)

TEL:06-7777-4111
※メールでのお問い合わせは、下部の「プログラムに関するご相談はこちら」からお願いいたします。

このプログラムへのお申し込み

プログラムお申し込み

このプログラムに関するお問い合わせ(メール)

プログラムに関するご相談はこちら

ページトップへ戻る